読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Emacsのフォント設定

私はEmacsのフォントに,プログラミング用フォント Rictyを用いている.
このフォントは英数字フォント「Inconsolata」と日本語用フォント「Migu 1M」を合成したフォントである.
なおフォントの構築やインストールの説明は,この記事を読む賢明な諸氏には必要ないであろうから,割愛させて頂く.

個人的な設定は以下の通りである:

(if window-system
    (progn
      (create-fontset-from-ascii-font
       "Ricty:style=regular:spacing=0" nil "ricty")

      (dolist (charset
               '(unicode
                 japanese-jisx0208
                 japanese-jisx0208-1978
                 japanese-jisx0212
                 japanese-jisx0213-1
                 japanese-jisx0213-2
                 japanese-jisx0213-a
                 japanese-jisx0213.2004-1
                 katakana-jisx0201))
        (set-fontset-font "fontset-ricty"
                          charset
                          (font-spec :family "Ricty" :size 16)
                          nil 'prepend))

      (setq default-frame-alist
            (append (list
                     '(font . "fontset-ricty")
                     '(alpha . 85) ;; transparent background
                     )
                    default-frame-alist))
      (set-face-attribute 'fixed-pitch nil :family "Ricty")
      ))

ちなみにdefault-frame-alistに設定しているalphaというパラメータは,背景の透過率に関連するパラメータである.
Emacs23から,アンチエイリアスの効いたこのようなフォントが使用可能である.
Emacs22以前を使用している諸氏は,バージョンを挙げて視認性のよいフォントを用いるのも選択肢となろう.

以上.