読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Emacsから印刷する設定

EmacsからPostscript経由で印刷する際の,個人的な設定を以下に記す.

(eval-when-compile (require 'ps-mule nil t))
(setq ps-paper-type        'a4 ;paper size
      ps-lpr-command       "lpr"
      ps-lpr-switches      '("-o Duplex=DuplexNoTumble")
      ps-printer-name      "hogehoge"   ; your printer name
      ps-multibyte-buffer  'non-latin-printer ;for printing Japanese
      ps-n-up-printing     2 ;print n-page per 1 paper

      ;; Margin
      ps-left-margin       20
      ps-right-margin      20
      ps-top-margin        20
      ps-bottom-margin     20
      ps-n-up-margin       20

      ;; Header/Footer setup
      ps-print-header      t            ;buffer name, page number, etc.
      ps-print-footer      nil          ;page number

      ;; font
      ps-font-size         '(9 . 10)
      ps-header-font-size  '(10 . 12)
      ps-header-title-font-size '(12 . 14)
      ps-header-font-family 'Helvetica    ;default
      ps-line-number-font  "Times-Italic" ;default
      ps-line-number-font-size 6

      ;; line-number
      ps-line-number       t ; t:print line number
      ps-line-number-start 1
      ps-line-number-step  1
      )

なお,

(eval-when-compile (require 'ps-mule nil t))

としているのはバイトコンパイル時の警告を抑制するためであるが,気に入らなければ

(require 'ps-mule nil t)

とすればよいだろう.
以下は印刷するためのコマンドである.

コマンド 説明
M-x ps-print-buffer 現在のバッファを印刷する
M-x ps-print-region 現在のリージョンを印刷する
M-x ps-print-buffer-with-faces 現在のバッファをフェイス付き(色付き)で印刷する
M-x ps-print-region-with-faces 現在のリージョンをフェイス付きで印刷する
M-x ps-spool-buffer 現在のバッファをPostscriptに変換する
M-x ps-spool-region 現在のリージョンをPostscriptに変換する

プログラム等を印刷して勉強する諸氏は少なからずいるわけだが,
わざわざGNOMEのgeditから印刷しているのを見るにつけ,筆を取った次第である.
この記事を読んだ諸氏のお役に立てば幸いである.

以上.