バッファ切り替えのためのiflipbの設定 / setting for iflipb to switch buffer

iflipbという、バッファ切り替えのためのパッケージが存在する: emacs.rubikitch.com私は以下の設定としている。 カレントバッファと同じメジャーモードのバッファのみを切り替え対象にしたいため、新たに関数を書いた。 (require 'iflipb) (setq iflipb-wr…

How to obtain list of buffers as same as current buffer

(defvar major-mode-same-buflist nil) (defun get-major-mode-list () (interactive) (setq major-mode-same-buflist nil) (let ((currbuf-major-mode (buffer-local-value 'major-mode (current-buffer)))) (dolist (buffer (buffer-list)) (if (eq (buffe…

How to obtain list of buffer names as same as current buffer

(defvar major-mode-same-buflist nil) (defun get-major-mode-list () (interactive) (setq major-mode-same-buflist nil) (let ((currbuf-major-mode (buffer-local-value 'major-mode (current-buffer)))) (dolist (buffer (buffer-list)) (if (eq (buffe…

How to obtain major mode of current buffer

You can obtain the major mode by using following snippet: (buffer-local-value 'major-mode (current-buffer))

C-TABでバッファ切り替え

Emacsのデフォルトパッケージbsに同梱されているコマンド、bs-cycle-nextとbs-cycle-prevを使う。 (global-set-key (kbd "C-<tab>") 'bs-cycle-next) (global-set-key (kbd "C-S-<tab>") 'bs-cycle-previous) 同様の機能はiflipbというパッケージによっても提供されて</tab></tab>…

Emacsにおいてカーソル下の単語をMacの辞書で調べるときのhack

関数の本体はどこかにあった設定を参考にさせていただいた。 my-dictが表題に沿った関数。my-dict2は自分で検索語句を入力する関数。 (defun my-dict () (interactive) (let ((url (concat "dict://" (read-from-minibuffer "Search: " (current-word)))) (b…

EmacsのFrame切り替えを補助するEmacs Lisp

表題について、以下のElispを見つけたので紹介する。frame-movementというパッケージである。 github.com本パッケージにより、'frame-movement/select-next-frame' (次のフレームに移動)と 'frame-movement/select-prev-frame'(前のフレームに移動)とい…

簡易ボイスチェンジャーのスクリプトを改良:PyQt5のスライダーによりピッチとフォルマントをリアルタイム調整する機能を追加

PyQt5のスライダーを使って、簡易版リアルタイムボイスチェンジャーのピッチとフォルマントを調整できるようにしたということ。スライダーのウィンドウを閉じれば終了する。 当初はTkinterを使う予定だったが、どうにもうまくいかなかったので、PyQt5にした…

簡易ボイスチェンジャーのスクリプトを改良:キー入力によるピッチの上下およびフォルマント調整機能

表題の通り。 前回の記事でキー入力を監視できるようになったので、特定のキーが押されたらピッチの上下('u' と 'd')、などの機能を追加したということ。 gist.github.com

PyWorldによる簡易ボイスチェンジャーのスクリプトを改良:キー入力で終了するようにした

以前の記事で紹介したPyWorldによるスクリプトは、実行を終了するときはCommand + Cなどの強制終了が必要だったが、あまりスマートなやり方ではなかった。 tam5917.hatenablog.comそこで、キー入力を監視して、特定のキー(ESC or 'q')が押下されたらスクリ…

Google音声認識の結果をGoogle翻訳し、Google Text-to-Speechで音声に戻すPythonスクリプト

いい加減タイトルが長くなってきた。 Google翻訳をPythonから使うためのライブラリを使って、音声翻訳をしたということ。 pip3 install SpeechRecognition pip3 install gTTS pip3 install googletransとしてインストール。以下のスクリプト。 #!/usr/bin/en…

Google音声認識した結果をGoogle Text-to-Speechで音声に戻すPythonスクリプト

今回はgTTSライブラリを使って、Google音声認識の結果をGoogle Text-to-Speech で音声に戻してみた。つまり音声認識と音声合成(TTS)の両方でオンラインのサービスを使ってみた、というわけである。 pip3 install SpeechRecognition pip3 install gTTSとし…

リアルタイムに変化する音声の波形を表示し続けるPythonスクリプト

リアルタイムに波形を表示する。「あいうえお」で波形が変わる様子が観察できて面白いと思う。 #!/usr/local/bin/python3 # -*- coding:utf-8 -*- import numpy as np import sys import pyqtgraph as pg from pyqtgraph.Qt import QtCore, QtGui import pya…

リアルタイムに変化する音声のFFTスペクトルを表示するPythonスクリプト

STFTとか何とか。スペクトルがギザギザしてますね。 #!/usr/local/bin/python3 # -*- coding:utf-8 -*- # プロット関係のライブラリ import pyqtgraph as pg from pyqtgraph.Qt import QtCore, QtGui import numpy as np import sys # 音声関係のライブラリ …

リアルタイムに変化する音声のスペクトル包絡を表示するPythonスクリプト

要pyqtgraph、numpy、pyaudio、pysas。 母音(あいうえお)で動作確認すると、スペクトル包絡の形状がリアルタイムに変化する様子が見られるので面白い。 #!/usr/local/bin/python3 # -*- coding:utf-8 -*- # プロット関係のライブラリ import pyqtgraph as …

PyAudioとPyWorldで音声を逐次分析合成しつづけるPythonスクリプト

要PyAudio & PyWorld。Numpyも。 合成するまでには、ある程度の遅延は発生するけども、まぁ許容範囲でしょう。 #!/usr/bin/env python3 # -*- coding:utf-8 -*- # Copyright (c) 2020 Akira TAMAMORI # # Permission is hereby granted, free of charge, to…

Juliusのdictation kitに同梱のdnnclient.pyをPython 3で動くようにした件

修正済みのソースはこちらから。 dnnclient.py for Python 3 · GitHub ライセンスも明記。

Juliusの音声認識結果をソケット通信で受け取って表示・保存するPythonプログラム

前回の記事の関連として。 Juliusのdictation kitをダウンロードしておく。以下のコマンドによりJuliusをmoduleモードで立ち上げる。 julius -n 5 -output 1 -rejectshort 800 -C main.jconf -C am-dnn.jconf -dnnconf julius.dnnconf -module &ポート番号10…

オウム返しなPythonプログラム(オンラインで音声認識→オフラインで音声合成)

音声認識して、その内容を音声合成で返すという、単純なもの。Mac 10.13.6上での動作確認。 Pythonのバージョンは3.7.3。PythonのSpeechRecognitionライブラリを利用。 Google音声認識のサービスを用いるのでオンライン環境。 pip3 install SpeechRecognitio…

Flow系の論文たち

サーベイ論文 Normalizing Flows: Introduction and Ideas (2019) URL Normalizing Flows for Probabilistic Modeling and Inference (2019) URL 代表的なもの NICE: Non-linear Independent Components Estimation (2014) URL MADE: Masked Autoencoder for…

Kingma氏の論文

Kingma氏が第1著者の論文を(独断と偏見で)抜き出してまとめておく。 Adam: A Method for Stochastic Optimization Auto-Encoding Variational Bayes Semi-Supervised Learning with Deep Generative Models Improved Variational Inference with Inverse …

書籍『統計的パターン認識と判別分析』のレビュー

最近発売された『統計的パターン認識と判別分析』のレビューを書く。 統計的パターン認識と判別分析 (シリーズ 情報科学における確率モデル 1) 各章の概要についてはコロナ社のサイトを参照されたい。 『シリーズ 情報科学における確率モデル』|書籍紹介本書…

最適輸送理論の解説論文とか書籍へのリンクのまとめ

はじめに メモとして。WGANの勉強にもなるかなと。 理論 入門 最適輸送理論梗概 [1009.3856] Introduction to Optimal Transport Theory A user’s guide to optimal transport Introduction to Monge-Kantorovich Problem 地球はやっぱり丸かった?!- 物質…

密度比推定まわりの書籍・解説記事・論文・ソフトウェアの各種情報まとめ

はじめに 密度比推定の文献については、すでに山田氏による素晴らしいまとめ記事がある。同記事「はじめに」より、確率密度比推定の有用性を引用すれば、 パターン認識、ドメイン適応、外れ値検出、変化点検出、次元削減、因果推論等の様々な機械学習の問題…

novelty detectionのサーベイ論文

A review of novelty detection A review of novelty detection - ScienceDirect http://www.robots.ox.ac.uk/~davidc/pubs/NDreview2014.pdf

MinimalRNNをTensorFlowで実装した(だけ)

もはや「実装した」と呼べるかどうか。既存のコードを少しいじっただけなので。 論文 [1711.06788] MinimalRNN: Toward More Interpretable and Trainable Recurrent Neural Networks 実装 A TensorFlow implementation of MinimalRNN. · GitHub 論文を要約…

Simple Recurrent Unit をTensorFlowで実装した

論文 [1709.02755] Training RNNs as Fast as CNNs 実装 A TensorFlow implementation of Simple Recurrent Unit (SRU). · GitHub 論文の主旨はRNN学習(例えばLSTM)の高速化であるが、上記実装は論文の式の通りにTensorFlowで組んだだけなので、実行速度は遅…

Chaos Free NetworkをTensorflowで実装した

CFN (Chaos-Free Network) 論文 A recurrent neural network without chaos 実装 An implementation of Chaos-Free Network (CFN) in TensorFlow · GitHub

Multiplicative LSTM (Workshop Track in ICLR 2017)をTensorFlowで実装した

はじめに 表題の通り、ICLR 2017のWorkshop Trackで発表されたMultiplicative LSTMを実装した。 論文 Ben Krause, Iain Murray, Steve Renals and Liang Lu, "Multiplicative LSTM for sequence modelling," Workshop Track in ICLR 2017. URL https://openr…

Delta RNNのTensorFlow実装をv0.12で動くようにした

以下のリポジトリにDelta RNNのTensorFlow実装があるのだが、変数のスコープまわりの実装が全然ダメで動かなかったので、フォークして修正を加えたということ。 github.com 修正後の実装は以下。論文 [1703.08864] Learning Simpler Language Models with th…